PROFILE

自分の写真
Japan
"iOS only Netlabel" XECTIVE ZIOE PRODUCTION主宰。 ***** Style Compose=HARD EDM,HARD NRG,TECH DANCE DJ=GENRE BENDING ***** Twitter @OMEGA_NRG1 ***** Soundcloud(Original preview,demo) http://soundcloud.com/omega-zero-projection-02 Mixcloud(Dj mix) http://www.mixcloud.com/ozp/

2014年12月10日水曜日

iPad iPhone他「iOS機器の充電していません」に対する究極の解答を用意できた



iPad・iPhoneユーザーが見ることがあると思う、この
「充電していません」
のエラー。

原因0(難易度レベル1)
PCと接続している

原因1(難易度レベル2)
ケーブルの断線

原因2(難易度レベル3)
非正規ケーブル・アダプタの使用

原因3(難易度レベル4)
バッテリーの故障(本体の故障)

そして、私を最も悩ませたのが

見逃しがちな原因4(難易度MAX)
「USB延長ケーブル」を「正規コネクタとケーブル」で接続している

以下私の体験談を書こう。

・まず充電が止まる
85%くらいで充電が止まる。正規アダプタケーブルなのになぜ?

・サポートに連絡
lightningケーブル交換対応

・まだ充電が止まる
「新品のケーブルなのにおかしい!」>「本体の故障だ!」

・サポートに連絡
本体交換します

・交換品でも止まる!どころか!「100%にならない上、0まで充電が減る!」
また交換してもらう。

・それ「合計にして新品x3」で全て同じ症状。
どこがおかしい?

>結果
USB延長コードが全ての原因だっっっ!

>究極の解答

「電源延長コードで全て解決します」

サポートも「純正ケーブルを使ってますか?」しか聞かないので、
気づかなかった原因編でした。

2014年1月31日金曜日

これは凄い!!KORGの大型DAW、Gadgetレビュー



KORG Gadgetのレビューです。
SOUNDCLOUDでは既に大勢の方が音源をアップされています。

・ココが凄い!
1・音源が15種類。
iMS-20、iPolysixまでカバー出来そうなクオリティのモノアナログとポリアナログ音源や、
ポップスに良げなPCM音源(生楽器、ポリアナログシンセ)、エレピや金属音を作れるVPM音源、
凶悪なウォブルベースが作れるFM音源、分厚いユニゾンデチューンの音が作れるリード音源、
他にもドラム(PCMベースとアナログベース)、8bit音源、TB音源、SFX音源。

と、思いつく音源全て詰め込みました感がヤヴァイです。
これあれば、他の音源買う必要ないでしょう。

間違いなく、iPadで最強はコレです(Cubasis?Nanostudio?Beatmaker2?なんだっけそれ。。。)

2・使い勝手
打ち込みやすさも音の良さも安定のKORGクオリティです。
シーン(パターンと同じ概念)をシーン1で作りこんでおいて、
ミュートなどで展開させていきます。

3・続々アップデートされる予定
海外のフォーラムのリークでは、Mono/polyやM01という音源やチャンネルストリップという機能が追加されるといった噂も(内蔵ファイルに記述があるとのこと)

また、公式でもオーディオに対応したりといったことや続々ガジェットのアップデートのロードマップがあるとのことで、期待していいかも?

・ココは残念
1・iPad3ではパフォーマンスが既に厳しい模様。
ストレスが溜まるらしい。
私はiPad4を使っていて、快適に使えてます。

2・UIやコントロールが完璧ではない
たまにストレスがたまるシーンがあります。

・シーン(パターンと同じ概念)を開いた時に、再生中のシーンからEDIT目的のシーンに移らない。
・ヘッドルームが狭い(?)結構、音割れしやすいです。マスターリミッター搭載してるんですが、フルに鳴らすとすぐ音割れです。iMS-20、iPolysixでは意識しなかったことなので(音源数が制限されているため)慣れるまで大変かも。
・トラックの入れ替えが出来ない。シーン入れ替えには対応しているのに。。。
・シーン再生が終わるまで他のシーン再生が出来ない。。。ロック機能を用意して欲しかった。
・Gadgetcloud(Soundcloud)に音源アップするときにDescriptionがなんかおかしい(打ちたい文字列に固定しない。上に強制スクロール)
・シーンループしかなく、ソングループ不可

・機能追加要望
マスターコンプ
センドディレイ
トラックEQ
各シンセのアルペジエーター対応
各シンセのマルチエフェクト対応

不満点や改善要望もいくつかありますが、iPad4以上の方は快適に使えます。
現状でiPadでDTMするなら、コレしか考えられないので、
是非、使ってみてください。

>>iTunes

2014年1月24日金曜日

既にiTunesで公開済み!大型DAW KORG Gadget!



前記事
(速報)重量級DAW!? KORG Gadget for iPadの動画がアップされる!!

速報って言ってましたが、よくよく調べると、デモソングもうpされてるし、公開済みでした。
リンク載せておきますね。。。(;´Д`)

「進化し続けるモバイルスタジオ」

というのが一番のウリだと思います。
追加の機能がアドオンで提供されるのか1パッケージで将来分も含まれるのか分かりませんが、永久に使えるDAWってことですね。。。購入したら、またレビューしたいと思います。



(速報)重量級DAW!? KORG Gadget for iPadの動画がアップされる!!



KORGの新しいiOS Appは重量級DAWだった!?
まずは下記の動画を。





詳細は動画で追ってもらうとして、雑感や予想や希望など。

まず、多種のシンセとエフェクターをプラグイン形式(?)で選択し、打ち込んでいくのだと思う。
KORGのGadget集大成感(思いつくガジェットを全てiPadにぶち込んだ)が凄いする。
シンセもシンプルな物から複雑なものまで。

4つのパッドにキーアサインし(もしくは鍵盤的なものがある?)リアルタイムの打ち込みに対応。
iPolysixからの流れでのオートメーションに完全対応。

そして、今回はiMS-20、iPolysixと違い、パターンベースではなくちゃんとしたタイムラインがあり、
本格的に打ち込めるようになってそうだ。

リリースを首を長くして待ちたい(待ってた)

2014年1月23日木曜日

(リブログ)米アップル、12.9型iPad Pro 2K版を2014年4月に、4K版を同年10月に発表か

12_9_ipad_ipads_dark-800x450
想像図 Credit:MacRumors


INTERNATIONAL BUSINESS TIMES(アイビータイムズ)は16日(現地時間)、独自の情報として、米アップルが12.9インチのディスプレイを有するタブレット端末「iPad Pro」を、来年リリースすると報じています。まず4月には、現行のiPadと同じ2048×1536ドットのファーストモデルを発表し、その半年後にあたる10月には、解像度が倍になった4K(4096×3072ドット)のセカンドモデルが登場するとのこと。


同製品はその大きさから、ノートPCを置き換えるものになる可能性も指摘されており、MacBook AirやMacBook Proがもつ能力を継承できるよう、アップルは開発を重ねているとしています。


(続きは下記から)

http://ggsoku.com/2013/12/apple-ipad-pro-12-9-inch-2k-april-4k-october-in-2014/


iPad ProとかiPad Maxiとか言われてるやつの最新情報(?)です。
個人的には4Kモデルが欲しいけど、一体いくらになるのやら。。。(お高いんでしょう?

2013年10月16日水曜日

(新譜情報)PROJECT X先日、解禁しました!


解禁しました!
珠玉の17曲!

ゲストに
NUSH
REMICOM
AGRESSIVA

を迎え、NU-DRUSTICとしてはラストのリリースになります。
以降はTECH DANCE、もしくはHARD NRGと表記しようと思います。
HARDCORE色の強い近作を要チェック!

2013年のOMEGA ZERO PROJECTIONのテーマ曲です。

iTunes
http://p.tl/R8Vt

AMAZON
http://p.tl/GcfD

2013年8月30日金曜日

(宣言)NU-DRUSTICの提唱やめます宣言


XECTIVE ZIOE PRODUCTIONではNU-DRUSTICという新ジャンルの提唱を行ってまいりましたが、
浸透しないし、通じないしで、この度、提唱をやめることにしました。

"NU-NRG STYLE"NU-DRUSTIC > HARD NRG
"TECH DANCE STYLE"NU-DRUSTIC >TECH DANCE

というように、これからは既存のジャンルに当てはめていくことにしました。
本サイトの方でも記述を削除していきます。

力不足でこのような結果になりまして、NU-DRUSTICに期待を込めていた方には大変申し訳ございません(実際いるかどうかはともかく)

これからは既存のジャンルにあてはめて製作を行ってまいりますので、
ご声援のほどよろしくお願い致します。