PROFILE

自分の写真
Japan
"iOS only Netlabel" XECTIVE ZIOE PRODUCTION主宰。 ***** Style Compose=Full-Drive,Had NRG,Hard Core,Ambient,Jazz DJ=GENRE BENDING ***** Twitter @OMEGA_NRG1 ***** Soundcloud(Original preview,demo) https://soundcloud.com/omega-zero-projection-fd Mixcloud(Dj mix) http://www.mixcloud.com/ozp/

2012年1月31日火曜日

MOOG MUSIC社の手がけた第二弾 iOS App "Animoog" - 攻略


MOOG社が発表したiOS Synthesizer”Animoog”です。
私は演奏系については使いこなせないんですが、
巷では評判がいいみたいなので、取り上げてみます。

基本の”X/Y PAD"と鍵盤と音程バーです。
バー左端か右端をドラッグで鍵盤の広さを変えることが出来ます。
PITCH BENDとMODホイールを"SETUP"タブの"Mod-strips"をONにして出しておきましょう。


"X/Y PAD"で、波形のモーフィングを行います。


"KB SCALE"でスケール、ルート、モノ/レガートの設定を行います。


"ENV/MOD"で、AMP、FILTER、MODのENVELOPEを設定します。
LFOとモジュレーション機能(デジタルパッチング)もここで設定します。



"TIMBRES"で"X/Y PAD"にアサインする波形を設定します。


"SETUP"でその他の設定を行います。
"PANIC!" "Background audio" "Random preset"がよく使うんじゃないかと思います。


さて、左上部の説明は終わりました。
右上部一段目の説明へ移ります。

"FILTER"タブ
LP(Lowpass filter)、BP(Bandpass filter)、HP(Highpass filter)から選択が可能です。
DRIVE(歪み)とENV("ENV/MOD"にて設定したFilter Enverope)
FREQUENCY(Cutoff)とRES.(Resonance)


"PATH"タブ
"X/Y PAD"での"PATH"の挙動の設定が可能です。

SYNC(速度をBPMに同期します)
RATE("PATH"の速度を変えます)

MODE
-LOOP("PATH"を繰り返します)
-BACKFORCE("PATH"を逆回転させます)
-ONCE("PATH"を最後で止めます)

CLEAR("PATH"を消去します)
EDIT("PATH"を"X/Y PAD"上でタップすることにより、描くことが出来ます)



"ORBIT"タブ
"X/Y PAD"での"ORBIT"(PATH上をクルクル回っている光源)の挙動を設定できます。

SYNC(BPMに同期)
RATE("ORBIT"の速度)
X AMOUNT(X軸の大きさ)
Y AMOUNT(Y軸の大きさ)



右上部二段目の説明へ移ります。

"THICK"タブ
エフェクトを掛けます。

CRUSH(デシメーター)
DRIVE(オーバードライブ)
DETUNE/UNISON(ユニゾンデチューン)


"DELAY"タブ
DELAYに関しての設定です。

SYNC(BPMに同期)
TIME(ディレイの長さ)
FEEDBACK(ディレイの反復量)


"RECORD"タブ
AUDIO COPYに関しての設定です。

PLAY/STOP(録音結果を再生もしくは停止します)
RECORD(16秒弱の録音をします)
OVERDUB(重ね録りをします)

BUFFER(一時保存)
COPY(AUDIO COPYをします)
PASTE(COPYしたものをPASTEします(注:AUDIO PASTEではありません)
CLEAR(RECORD)したものを消去します)


*******************

さて、これで、画面についての説明は終わりました。
音作りについて説明しましょう。

とりあえず、起動してください。
起動画面が現れました。
初期パッチは中央左下。


”PRESET(Default)”と書かれています。
鳴らしてみましょう。

一般的なSAW Brassが鳴ったと思います。

やることを並べてみましょう。

①TIMBRESで波形をアサインする
②ENV/MODでモジュレーションの設定をする
③右のタブで音作りをする

以上です。
複雑に見えて簡単です。

①から説明しましょう。
"TIMBRES"タブを開いてください。
別々の適当な波形を8つのスロット全部にアサインしてください。
"X/Y PAD"でPATHを動かしてみましょう。
音色が変化しているのが分かると思います。


②へ進みます。
AMP、FILTER、MODはそのままでいいでしょう。
今回は、
LFOと
SORCE、CONTROL、DESTINATIONについて説明します。

LFOのRATEを右一杯に回してください、

SORCE LFO、CONTROL OFF、DESTINATION  orbit-rate
と設定してください。



"LFO"で"orbitの速度"を変える設定が出来ました。
CONTROLにkey-pitchをアサインすると、音程によって、LFOの速度を変えることが出来ます。

全パラメーターはとてもじゃないですが、解説しきれないので、自分で色々試してみてください。

③へ進みます。
FREQUENCYとRES.は説明する必要がないと思うので、ORBITとPATHについて説明します。
"PATH"タブで、EDITボタンを押して、"X/Y PAD”上で好きな図形を描いてください。
その通りに、TIMBRESの波形がモーフィングします。

"ORBIT"タブでお好みのモーフィング速度とXY AMOUNTに調整してください。


Animoogの説明は以上です。
AUDIO COPY/PASTEを用いた作曲に関しては次の機会に。。。
ぶっちゃけ、プレイヤーじゃないDTMerは打ち込みが出来ないのであんまり楽しくないと思います。
私もその一人です。

音はかなりいいので、
iOS製DAWシステムに取り込んで使うのが個人的には楽しいと思います。


2012年1月30日月曜日

iOS専用本格RTS"Land Air Sea Warfare"

iOS専用本格RTS「Land Air Sea Warfare(HD)」です。


資源を集め、防衛拠点を築き、
Land(陸上ユニット)
Air(空中ユニット)
Sea(水上ユニット)
で戦闘するユニットを作り、相手の建築物を全て破壊すると勝利。
難易度、勝利条件、マップ、天候はエディットが可能。
2~4プレイヤー。ソロプレイ専用(対AI戦のみ)

Costで使う資源は自動的にHQが集めます。
Powerの部分を開発ユニットで集める形ですね。
最初はユニットが多くて戸惑うと思いますが、
やることはこうです。

①資源を集める
②防衛拠点を築く
③建築ユニットを立てる
④ユニットを生産する
⑤相手のHQに攻め込む

これだけです。
ユニットの性質等々は下記に記すので、
覚えておくといいかもしれません。
概念として”Tier”があり、T2~T3までの研究が行えます。
Tierの研究は上述した①~⑤のどのタイミングでも構いません(資源があれば)
数字が大きいほど、強力なユニットが生産出来ます。

個人的に、
勝利条件>相手のHQを破壊
で、核締めが好きです。
そうです。核が使えます。
この手のRTSで「核」が扱えるのは滅多にないので、
オススメです。

・・・建築物データ・・・
*Engr(開発ユニット)
---TI
-Power Cell(パワ-400を生み出す)
cost200 Time0:13 Armor600 Power400

-Wind Turbine(パワー700を生み出す)
Cost300 Time0:19 Armor500 Power700

-Strage(保持出来る資源を増やす)
Cost500 Time0:31 Armor3000

-Out post(敵を見つける)
Cost50 Time0:15 Armor100

-Wall(陸上ユニットの進入を遮る)
Cost200 Time0:02 Armor5000

---T2
-Reactor(更に多くのパワーを生み出す)
Cost600 Time0:38 Armor2000 Power1500

-Tidal Turbine(海から更に多くのパワーを生み出す)
Cost1000 Time1:03  Armor4000 Power2500

-Spec Mine(ユニークリソースを得るための炭鉱)
Cost3000  Time2:00 Armor7000 Power4000

---T3
-Fusion Plant(強力な出力でパワーを生成する。陸上専用)
Cost2500 Time2:19 Armor8000 power7500

-Geothermal Pump (強力な出力でパワーを生成する。海中専用)
Cost2000 Time1:54 Armor8000 Power7000

-Eagle Eye(マップ全域を見渡せるようになる)
Cost4000 Time3:29 Power8000 Armor4000

*Bldg(建築ユニット)
---TI
-Land Factory(陸上ユニットの生産を可能にする)
Cost1200 Power250 Time0:56 Armor2400

-Air Factory(空中ユニットの生産を可能にする)
Cost1600 Power600 Time0:56 Armor3200

-Sea Factory(海上ユニットの生産を可能にする)
Cost1400 Power500 Time0:44 Armor 2800

-Headquarters(HQ。一つしか立てられない。HQが破壊されて、反撃するときに建築する)
Cost2000 Time2:00 Armor10000

---T2
-Shields(ユニットを弾丸と小ロケットから保護する)
Cost1000 Time1:00 Power2000 Armor2000

-Looking  Glass(既存の海上ユニットを新テクノロジー研究時にアップグレードする)
Cost1600 Time1:30 Power2400 Armor3000

-Orchid(既存の陸上ユニットを新テクノロジー研究時にアップグレードする)
Cost1200 Time1:30 power1500 Armor2000

-Tempest(既存の空中ユニットを新テクノロジー研究時にアップグレードする)
Cost2000 Time1:30 Power3600 Armor2500

-Radar Tower(自分の視角外からの敵ユニットを見ることが可能になる)
Cost1500 Time1:27 Power1500 Armor3000

---T3
-Area Shield(広範囲に渡ってユニットを守る)
Cost1500 Time1:27 Power4000 Armor3000

-Disrupter(サテライトビュー”Eagle Eye”から守り、光源表示にする)
Cost3000 Time2:00 power5000 Armor4000

-Jamming Station(敵のレーダーを妨害する)
Cost500 Time0:30 power500 Armor1500

*Dfnse(防衛ユニット)
---TI
-M779(対陸上ユニット、水上ユニット)
Cost250 Time0:16 power300 Armor500

-Mavic(対水上ユニット)
Cost300 Time0:19 Power200 Armor570

-GAAM(対空中ユニット)
Cost350 Time0:23 Power400 Armor630

---T2
-AP25(陸海空に対応したデュアルタレット)
Cost750 Time0:47 Power500 Armor1500

-Bertha(長距離砲。対地、対水。”Radar Tower”が必要)
Cost2000 Time1:54 Power2000 Armor3500

-IMS(レーダーで検出不能な地雷)
Cost200 Time:0:20 Armor150

-Zork(レーダーで検出不能な機雷)
Cost300 Timee0:30 Armor200

-Phalanx(対空タレット)
Cost800 Time0:50 Power500 Armor1520

-Merlon(重防御長距離砲。対地対空対水)
Cost5000 Time3:43 Power4000

-Zenith(重防御魚雷砲)
Cost6000 Time4:11 Power8000 Armor10800

---T3
-M300(対空ミサイル)
Cost2000 Time1:52 Power1000 Armor4000

-Kallini(ショートレンジ高出力火炎放射器。対地対水)
Cost2200 Time2:01 Power800 Armor4180

*Mega(メガユニット)
---T2
-IlluminattiI(ICBM防御レーザー。”Rader Tower”が必要)
Cost4000 Time3:29 Power3000 Armor6000

---T3
-Rapture(強力な機雷を積んだ潜水艦。”Betniah”が必要。対水)
Cost170000 Time7:01 Armor20400

-Dreadnout(強力な駆逐艦。長距離ダブルキャノンを搭載。"Isonium"が必要。対地対水)
Cost16000 Time6:51 Armor22400

-Goliath(強力な戦車。中距離砲を搭載。”Crom"が必要。対地対水)
Cost13000 Time6:18 Armor17000

-Titanius(強力なガンシップ。”Xephal"が必要。対地対水)
Cost15000 Time6:40 Armor13500

-Rapier(強力な高速戦闘機。"Nuba"が必要。対地対空対水)
Cost9000 Time5:17 Armor8000

-Magna Lase(範囲内の敵全てにレーザーで攻撃を与える。”Rhoxia"が必要。対地対水)
Cost20000 Time7:25 Power8000 Armor30000

-Missile pad(全ての建築物とユニットに攻撃を与える”核ミサイル(ICBM)”が製造出来る)
Cost4000 Time3:00 Power8000

************************************

Land Air Sea Warfare
Land Air Sea Warfare HD


2012年1月29日日曜日

TETRIS(NEW)


TETRIS(NEW)です。
iPhone版しかまだリリースされていません。
iPad版は、まだ旧テトリスです(タッチで駒を回転、設置するタイプ)

TETRIS(NEW)版のウリはなんといっても「One-Touch」操作でしょう。
駒を置ける候補の部分がハイライト表示され、そこをタップするだけで、
回転、設置までが行えます。

パズルゲームの新定番の操作法になればいいと思うんですが。。。
他社は如何か。

落ち物パズルゲーム全般のレビューでは回転をタッチで行うのは
操作感が悪いとよく言われているので(物理キーが必要など
落ち物系は全部この操作法にすればいいと思う。。。

以下は製品URL(iPhone版)と動画です。



2012年1月28日土曜日

[XZR024]の進捗状況

GOREEVILによるELECTORINICA/NOISE ALBUM
Runxt+Amplitubeによる音作りをしているようだ。
Runxtで生成したトラックを録音後、Amplitubeによる味付けをしているとのこと。

ジャケはいつも通り、自分で描くそうな。。。

トラック製作(イマココ)>マスタリング>ジャケ製作>テキスト製作>パッケージング

Numark社の2011年冬NAMM発表のDJコントローラー "iDJ Live"



iDJ PROの前に予習しておきたい。
Numark社が2011年 冬NAMMに発表したのが、こちらの製品である。
iDJ PROと比べていただきたい。
どちらかというと、ガジェットという方向性が強い作りになってると思う。

これに比べ、iDJ PROは本格(ハイエンド)志向の機能と見た目だと感じる。
5万~7万強は覚悟しておいた方がいいかもしれない。
逆に、iPad拡張アクセサリーということで、2~3万強で買える可能性も高いと感じる。

因みに、こちらのiDJ Liveは一万弱とお手頃価格。
値段なりの見た目と機能いうことだろうか。
デュアルスプリット限定対応(ステレオ>モノ2ch

Numark iDJ Live Official

2012年1月27日金曜日

Winter 2012 NAMM iPad専用DJコントローラー "Numark iDJ PRO"

冬NAMM2012でNumark社が発表したiPad専用DJコントローラー
”iDJ PRO”
デュアルスプリット対応に期待したい。

因みにデュアルスプリットとは、
DJがモニターする音と、客席へ流す音をスプリット(分けて)
出力することである。

今まではそれが可能なハードは無かったが(ステレオをモノ2chに分けるスプリッターはあった
ここの記述を見る限り、出来そうな気がする。

・RCA inputs, 1/4” microphone input and balanced XLR outputs
・Dedicated music-library scroll knob
・1/4” and 1/8” headphones outputs

現時点では海外公式しか見つけられなかった。
日本公式では情報はまだの模様。
Numark.com
Numark.jp

裏サイト的なソレコレ

気になった物のメモとか。
本家XZRとは別営業な感じで。

裏サイトと言っても法律には触れません。
ニュースのコピペとかそういうの。

某SNSめんどくさくなったので。