PROFILE

自分の写真
Japan
"iOS only Netlabel" XECTIVE ZIOE PRODUCTION主宰。 ***** Style Compose=Full-Drive,Had NRG,Hard Core,Ambient,Jazz DJ=GENRE BENDING ***** Twitter @OMEGA_NRG1 ***** Soundcloud(Original preview,demo) https://soundcloud.com/omega-zero-projection-fd Mixcloud(Dj mix) http://www.mixcloud.com/ozp/

2012年2月3日金曜日

iOS DJ appの大定番!"algoriddim Djay"



iOSでDJやるとしたら?
「Djay!」
と誰もが言うくらい有名な、
定番で王道の
"algoriddim Djay”です。

使い方分からない人もいると思うので、あえて取り上げます。
実は私も、最初は分かりませんでした。
「クロスフェードしたら、それでDJでしょ?」
的なイメージでしたが、大間違いでした。

ここでDJの基礎的なことから説明しようと思います。

「起動画面です」



「iTunesのプレイリストから曲を取り込んで、BPM設定をしているところです。ハーフ設定(1/2設定)、ダブル設定(倍取り設定)、タップ設定(タップで任意に決める)、が行えます」



「ターンテーブルを回して、CUEをセットしましょう。下部クロスフェーダーの「<>」を押すことで、自動的にクロスフェード、BPM SYNCを行います。ここで、CUEを設定していないと、どうなるでしょうか?」

1・四つ打ちの場合
BPMが合っていてもキックがずれて、結果的にBPMが合ってないように聞こえる。

2・ブレイクビーツの場合
間奏と間奏、もしくは間奏とビートで繋ぎたいのに、ビートから始まり、ミックスが破綻する。

3・歌モノの場合
アウトロとイントロが上手く混ざらない。

そこで、自分が任意に始めたい場所にCUE(頭出し)を設定しておきます。
1のケースだと、キックの頭。
2のケースだと、間奏かビート。
3のケースだと、イントロのフィルイン後くらい(歌モノは結構自由です。イントロの空白だけ切ってCUE設定する人もいます)



「左からEQ、FX、LOOP、マルチCUEです」



「AデッキからBデッキに繋いだ所です。低域がぶつかる場合、"EQのLOW"をクロスフェーダーに合わせて切りましょう。中域、高域がぶつかる場合は同じようにカットしてください。設定により、”曲読み込み時にEQリセット”のオン・オフが行えます」



「"Djay"には”オートミックス機能”がありますが、"AUTO EQ"が未実装なので、アップデートを待ちましょう。現在は自分で調整するしかありません」



「トランジション設定です」
-スタイル 四種のスタイルが選べます。"一般的なDJ"を行いたい場合、”スタンダード”が無難でしょう。
-デュレーション クロスフェードが完了するまでの時間です。
-オートシンクBPM 余程のことがない限り、オンにしておきましょう
-トリガービフォアーエンド クロスフェードが作用するまでの残り時間の設定です。



私はPC版Traktorも持っていますが、
「手軽さ」「操作の直感さ」「設定の簡単さ」
などで、DJ作業を行うときはiPad版Djayにて行っています。

”iPadを持っていて、DJがしたい”
という方には間違いなくオススメです。

・Tips
-ターンテーブル一枚を二本指で操作することによって、オートスクラッチが出来る。
-設定でトランジションを0秒にすることで、カッティングDJが出来る。
-”レコーディングリスト画面でコピーしたいファイルを長押し”で、AUDIO COPYが出来る。
-他アプリでAUDIO COPYした後に、iTunesプレイリストインポートボタンを長押しすると、AUDIO PASTEが出来る。