PROFILE

自分の写真
Japan
"iOS only Netlabel" XECTIVE ZIOE PRODUCTION主宰。 ***** Style Compose=Full-Drive,Had NRG,Hard Core,Ambient,Jazz DJ=GENRE BENDING ***** Twitter @OMEGA_NRG1 ***** Soundcloud(Original preview,demo) https://soundcloud.com/omega-zero-projection-fd Mixcloud(Dj mix) http://www.mixcloud.com/ozp/

2012年6月10日日曜日

Djayのデペロッパーが放つVJソフト。その名も"Vjay"



iOS DJアプリの王道ソフト”Djay”のAlgoriddim社が放つ、高品質なVJソフト。

"Vjay"です。
簡単な操作で誰でもVJが出来ます。
そして、今までのiOS VJソフトで出来なかった、”VJプレイの録画”が可能です。
プラス、動画と曲のエフェクターによる完全同期。
この機能により、VJアプリで二の次を踏んでいた方にも話題になっています。

今回は使い方が分からない人のために解説記事を書こうと思います。


上記スクリーンショットは、こういう並び方をしてるので、覚えておいてください。
エフェクタータブ    プレビュー     エフェクタータブ
(音)波形        REC             (音)波形
動画           設定        動画
再生関連、エフェクト クロスフェーダー 再生関連、エフェクト



AデッキとBデッキは全く同じ動作をします。
この部分でエフェクターの設定を行います。
完全同期です。
個別の設定が出来ないともいいます。

〔上段〕
"CRUSH"
動画 - モザイク
音楽 - デシメーター

"Strobe"
動画 - フラッシュ
音楽 - ゲート

"Twirl"
動画 - ゆがみ
音楽 - フランジャー

"Fisheye"
動画 - 球体
音楽 - フェイザー

〔下段〕
"LOOP"
1/8小節 - 4小節までのループ設定です。




サンプルをアサインして、プレイを行います。
本画面の右上部の「動画と曲」のボタンを押してください。
プリセットと、プレイリストからの動画と曲のインポートが行えます。

動画は曲と同時にスクラッチすることが可能です。

また、右下の「指のマーク」を押してみてください。
各種、画面効果のコントロールが行えます。

KaossPad FX(FXタブの設定に準拠)
LP - HP(動画の明るさ)

LOOP
REVERSE
8分音符
4分音符
SLOWMO

EQ(それぞれに色味が設定してある)
LOW(BLUE)
MID(GREEN)
HIGH(RED)

BPM
動画効果なし



中央最下段。
レイヤータブ。

・BLEND
通常のレイヤーです。

・CUBE
動画を正方形のシェイプでディゾルブします。

・SWAP
画面を交換するようにディゾルブします。

・GRID
パーティなどでよくある9面タイル効果です。
複雑なディゾルブです。

・MOSAIC
GRIDの簡易版です。

・PUSH
画面を押し出します。


***************

これらを駆使してVJを行います。
簡単にカッコイイVJが出来ると世間では既に高評価ですね。
クオリティも高いです。

難点をあげます。

・エフェクター、レイヤーの種類が少ない。
少ないですね。
PC版TZTというフリーのVJソフトを私は使っているのですが、
それよりもだいぶ簡易的なVJになってしまいます。

・音楽と動画が完全同期
いいところでもあり、悪い部分でもありますね。
設定で変えられるようになればいいんですが。
例えば、動画のスクラッチだけしたいのに、
曲も一緒にスクラッチしてしまうとか困りますね。

・バンクマネージャーが縦スクロールで使いづらい
通常のVJソフトの場合、
正方形の中の9マスだとか16マスだとかに、
動画をアサインして、ポンポン動画を切り替えるんですが、
それが出来ないですね。不便ですね。

・テキスト機能なし
なしです。アーティスト名やアルバム名なんか入れる時に不便ですね。


という難点も気になりますが、
頻繁にアップデートを行う Algoriddim社だからなんとかしてくれるでしょう。
オススメです。

>>Vjay

THE RAVETIRMINATOR(NU-DRUSTIC MIX) -Vjay PV ver-

2012年6月7日木曜日

HUMAN BEAT BOX LESSON



グリコ社のコンテンツ、HUMAN BEAT BOX LESSONです。
ここではHUMAN BEAT BOXの基礎を学ぶことが出来ます。




HOUSE,REGGAE,HIPHOP,BREAK &BEATSのリズムの基礎を学ぶことが出来ます。




HOUSE(難易度D)
バスドラム、ハイハット、リムショット、ベース、まで、
順を追ってマスターしていきます。
上から順に音を増やしていきます。

SPECIAL STYLEは応用編です。




REGGAE(難易度C)
バスドラム、クリック、スネア、ベース、まで、
順を追ってマスターしていきます。
上から順に音を増やしていきます。

SPECIAL STYLEは応用編です。




HIPHOP(難易度B)
バスドラム、ハイハット、リムショット、ベース、まで、
順を追ってマスターしていきます。
上から順に音を増やしていきます。

SPECIAL STYLEは応用編です。



BREAK & BEATS(難易度A)
バスドラム、スネア、ハイハット&クリックまで、
順を追ってマスターしていきます。
上から順に音を増やしていきます。

SPECIAL STYLEは応用編です。


******************************

まとめ
よく出来ているサイトだと思います。
今まで、こういうHUMAN BEAT BOXの「HOW TO」はYouTubeかニコニコ動画にしかありませんでした。検索結果にもノイズが入りますし、YouTubeに限っては英語です。

基礎なんですが、BREAK & BEATSまですべてマスターしたら結構応用が利くと思います。


*難点
・FLASHです。
iOS機器で見れません。
私は屋外で練習するので、不便だと思いました(個人的な理由ですが)

・あくまで基礎です
スクラッチの説明は最低限(コンビネーションの解説も)しかありませんし、
他ジャンルに
"DUBSTEP"
"DRUM`N`BASS"
などがありますが、触れていません。

その他テクニックにも、
”喉ベース”
”ワブルベース”
”アシッドベース”
”ボイスギター”
”ボイスサイレン”
”ボイストランペット”
などがありますが、触れていません。

上記サイトで解説してるのは基礎の基礎ということでしょう。
これらのリズムをマスターしてから、応用に入ってくださいということだと思います。

*最後に難点を挙げましたが
HUMAN BEAT BOX初心者の方には間違いなくオススメです。
無料コンテンツだというのも凄いですね。

興味のある方は是非、BREAK&BEATSまでマスターしましょう!


2012年6月6日水曜日

Roland Mobile Cube レビュー




時間があきましたが、引き続き”Roland mobile cube"のレビューです。
同河川敷、別ロケーションでも使ってみました。
先日のiRig micの写真では民家が写っていますが、
民家のない場所での使用をしてみました。



民家あり



持ち込んだのは全く同じセットなので流用



セッティングも全く同じ


使用感ですが、音質音圧共に良好です。上記、民家のある場所では大音量と感じるくらいです。
民家のないロケーションで最大音量で、どの程度聞こえるか試してみましたが、
「うるさい」と感じるくらいの音圧でした。

音質はクリアなので、ボーカルやiPadを繋いでDJ、演奏などにいいのではないでしょうか。
逆に、ギターなどの”汚れ系”の音を求めている方にはお勧め出来ません。

友人がVOX社製ギターアンプを持っていたので、比較を行いましたが、
やはり、音質は ”Roland mobile cube" の方が上でした。
ボーカル、iPad共にギターアンプ最大音量では歪んで話になりません。

ストリートパフォーマーの方にも十分オススメ出来る製品です。