PROFILE

自分の写真
Japan
"iOS only Netlabel" XECTIVE ZIOE PRODUCTION主宰。 ***** Style Compose=Full-Drive,Had NRG,Hard Core,Ambient,Jazz DJ=GENRE BENDING ***** Twitter @OMEGA_NRG1 ***** Soundcloud(Original preview,demo) https://soundcloud.com/omega-zero-projection-fd Mixcloud(Dj mix) http://www.mixcloud.com/ozp/

2012年7月2日月曜日

マルチタスクのすゝめ





まずはこちらの記事を読んでいただきたい。
それから私の記事を読んでいただければと思う。

同時作業が得意な「2%の超人類」
マルチタスクな人は、上手くマルチタスクが出来ていない?

さて、よろしいだろうか。
最初にいっておくと、私は完全に”マルチタスク人間”である。
私のマルチタスクの一例をあげておこう。

音楽鑑賞系
・音楽鑑賞しながらWebサーフィン
・音楽鑑賞しながらiOSゲーム
・音楽鑑賞しながらデザイン
・音楽鑑賞をしながらネットレーベル事務
・音楽鑑賞をしながらBlog執筆
・ネットラジオを聞きながら読書

作曲系
・作曲をしながらWebサーフィン
・作曲のモニターをしながらiOSゲーム

その他
・TV鑑賞しつつゲーム

三タイプに私のマルチタスクをあげてみた。
誰でも音楽鑑賞系に関しては経験があるかと思う。
そして、なぜ「すゝめ」なのかだが、
私の場合、圧倒的に効率が上がるからである。

”音楽鑑賞系についての考察”

例えばあなたが、「聞きたい音楽」
「見たいWebサイト」
があるとする。

これらをシングルタスクで別々に処理する場合、
二倍以上の時間がかかる。
また、それらに集中する(出来る)人間の場合、
上記のWebサイトによると、”効率よく情報を処理と記憶出来る”とある。
果たしてそうだろうか?

音楽鑑賞とWEB閲覧において、
”情報の処理と記憶”が必要か必要ではないかといえば、
否だと思う。
例えば、あなたがお気に入りのBlogを見つけて、”覚えておきたい”とするだろう。
そうすると、どちらにしろ”後で読むサービス”などを使って、
保存しておくと思う。

私はマルチタスクでこれらの作業を行っているが、
情報の処理と記憶に関して、
不都合を感じたことはない。

忘れれば、また読み返せばいいだけの話であるし、
処理に関しても、しっかりと記事の内容は認識把握出来ている。
これが右脳(芸術=音楽)と左脳(文学=文字情報)を使っての分担作業になっており、
可能となっているわけだ。

しかし、マルチタスクに無理なことも存在する。
右脳と右脳、左脳と左脳を使う場合である。
音楽鑑賞系、最終行の

・ネットラジオを聞きながら読書

を見ていただきたい。

ネットラジオ(言葉=文字情報)
読書(文字=文字情報)

となるため、マルチタスクの効率は一気に落ちる。
ネットラジオの内容か読書の内容か、
どちらかを優先しなければいけなくなるため、
後で聞きなおし、読み直して、認識把握出来ていないと気づくことが多い。

これらの結論から、
「別の脳を使って複数の作業を行うのが上手い」=マルチタスク人間
と私は考えている。

上記の一例をマルチタスクしやすい事柄で分けるとこうなる。

マルチタスクに合っている作業
・音楽鑑賞しながらWebサーフィン
・音楽鑑賞しながらiOSゲーム(ゲーム側の音は切る)
・音楽鑑賞しながらデザイン
・音楽鑑賞をしながらネットレーベル事務
・音楽鑑賞をしながらBlog執筆
・作曲のモニターをしながらiOSゲーム(ゲーム側の音は切る)
・作曲をしながらWebサーフィン

マルチタスクに合っていない作業
・ネットラジオを聞きながら読書
・TV鑑賞しつつゲーム

この記事を参考に、マルチタスクに興味のある方は試して頂きたいと思う。