PROFILE

自分の写真
Japan
"iOS only Netlabel" XECTIVE ZIOE PRODUCTION主宰。 ***** Style Compose=Full-Drive,Had NRG,Hard Core,Ambient,Jazz DJ=GENRE BENDING ***** Twitter @OMEGA_NRG1 ***** Soundcloud(Original preview,demo) https://soundcloud.com/omega-zero-projection-fd Mixcloud(Dj mix) http://www.mixcloud.com/ozp/

2012年12月19日水曜日

高品位Nanostudioフリーパッチ


Free:250+
Nanostudio Eden Synth Patches
& 9+ TRG Banks!

Updated December 16, 2012 with more patches and banks!

Kurzweil K2500 (64 Patches – 7 Kits) http://www.sendspace.com/file/u5lrte
Kawai K4 (60 Patches) http://www.sendspace.com/file/adufo6
Korg Triton (2 banks – 64 Patches each) http://www.sendspace.com/file/alvus6
New!http://www.blipinteractive.co.uk/downloads/CommunityNSP/sirmcp/Nano%20mod%201.n


導入方法

PC側の操作

・nanosyncで同期する。

・シンセ名フォルダをsamplesフォルダにぶち込む。

・シンセ名.projフォルダをProjectsフォルダにそのままぶち込む。


Nanostudio側の操作

・Projectをロードする方法そのままにロードする。

・Projectバンクにパッチがロードされる。

Enjoy!


via

2012年12月17日月曜日

steinberg社から、iOS版CUBASE「Cubasis」登場


iOS版CUBASE「Cubasis」が突然のリリースです。
値段の高さに驚いた(4300円)
ちょっと衝動買いは出来ないですね。。。


説明
ポータブルミュージックプロダクションシステム
Cubasis for iPad用の最新マルチタッチシーケンサーです。素早く簡単な操作を実現するよう特別にデザインされたCubasisはレコーディング、編集、ミキシングがいとも簡単に行えます。CDクオリティーでのレコーディング、キーエディタやサンプルエディタによる編集、そしてミキサーやオーディオエフェクトの操作により、楽曲を完璧に仕上げていきます。
Cubasisにはヴァーチャルキーボードやドラムパッドでリアルタイム演奏できる多くのヴァーチャル音源を付属。CubasisのプロジェクトはWindowsやMac OS XのCubaseで開くことが出来ます。直感的にツールに触れていつでもどこでもCubasisで音楽制作。Cubasisは新たな創造的ユーザー体験を提供します。

特長
・無制限のオーディオ/MIDIトラック
・Steinberg社のヴァーチャル音源(「HALion Sonic」をベースにした70以上のヴァーチャル音源サウンド
・10以上のエフェクトを搭載したMixer
・200以上のMIDIドラムループ
・ヴァーチャルキーボードとヴァーチャルドラムパッド搭載
・オーディオ編集を行うサンプルエディタとMIDI編集を行うキーエディタ
・プロジェクトファイルの書き出し(Cubase対応):Dropbox、Soundcloud、Audio Copy、eメールによるファイル共有


個人的な感想としては。。。
・VSTi、VST使えないCubaseって意味あるの?
・ドラムシンセどころかシンセも内蔵してないってどうなの?iPolysixに音源では負けてるんじゃないの?
・FL STUDIOとMUSIC STUDIO(ROM音源メインのシーケンサー)を購入して失敗した経験からの地雷集。
・生音源は唯一良さそう。ただ、「MIDIループ収録!」と謳っているAppはハズレの法則がCubasisでも発動しそう。
・高すぎ

といったマイナス面多めの見方です。
使ってみて、いいじゃねーか!っていう方はTwitterで教えてください。
意見が多ければ試させていただきます。

サンプルムービー&サンプル音源(公式サイト)

>>Cubasis

2012年12月5日水曜日

KORG iPolysixのリミックスの二次配布は商用利用おk




「ねーねー。KORGさん、公式デモのリミックスって売っていいの?」

 KORG担当
「しょうがないにゃぁ。。。いいよ」

 という会話があった(なかった)
iPolysixの目玉機能に、
 「soundcloud上にアップロードされたサウンドデータの共有、リミックスが可能」
という機能があります。 そこで、私は疑問に思いました。 

「コレって売っていいん?著作権とかは?」 って思って、
KORG社に電話しました。 


「公式デモってリミックスして売っていいんですか。そもそも他の方のリミックスとかはどうなるんですか」

 KORG担当
「同じような質問を多く頂くのですが、プリセット(ループ、音色、デモソング)などは、自由にリミックスして、販売して頂いて構いません。また、本機能の"Polyshare"は情報の共有を目的としているため、二次配布されるのが嫌という方はREMIX機能をオフに設定して頂くことが出来ます」 


「ありがとうございました」 

ということで、

”REMIX機能をONにしてる楽曲はどんどんリミックスして販売しておk”

というのが、KORG社の見解。太っ腹!!(;´Д`)

 ・おまけ
現在のver1.0.0で、REMIX>See Family>Error Occurred(404)エラーが出る件 については私の指摘で開発部にバグ報告が行った模様で、次verでFIXされるそうだ。 おまえらフィードバックしろよ(;´Д`)