PROFILE

自分の写真
Japan
"iOS only Netlabel" XECTIVE ZIOE PRODUCTION主宰。 ***** Style Compose=Full-Drive,Had NRG,Hard Core,Ambient,Jazz DJ=GENRE BENDING ***** Twitter @OMEGA_NRG1 ***** Soundcloud(Original preview,demo) https://soundcloud.com/omega-zero-projection-fd Mixcloud(Dj mix) http://www.mixcloud.com/ozp/

2013年1月12日土曜日

(リブログ)デカいスマホを片手で操作するテク「ハサミ持ち」がはかどりすぎる。


私は iPod touch5持っているんですが、片手操作のしづらさにイライラを感じていました。
そこで、この記事を見つけて試してみました。
目からウロコ!
慣れるとむちゃ操作しやすいです。
お試しあれ。

121225kogan_front.jpg

モンハン持ち的な?
スマートフォンが登場してここ数年、画面サイズの大型化とともに、スマホもずいぶん大きくなりました。iPhoneのような小ぶりなものを除けば、両手でスマホを操作する人も多いんじゃないでしょうか。
でもでも、荷物を持っているときに両手を空けないとスマホを操作できないってどうなの? それってモバイルアイテムとして使いにくくね?
そこで私は大型のスマホを片手で操作するための持ちかたハサミ持ち」なるものを編み出しました。これなら、5インチ級スマホでも片手で操作できます。
まずは実際の操作のようすを動画でどうぞ。


...やっぱ、無理しているように見えますかね? いちおう、いろんなスマホで1年以上この持ち方を続けているので、自分の中では実用レベルです。
持ち方のコツは、手全体を使ってスマホの3点を支えること。

121225kogan_side.jpg

1.スマホの上のコーナーをひとさし指&なか指でホールド
2.背面をくすり指と小指で支える
3.手のひらで下のコーナーを支える
画面をタッチするときは、2.のくすり指&小指でスマホ全体を動かすことで、大きい画面の端まで指を届かせます。画面の上をタッチしたいときは、人差し指の出番。慣れれば、親指+人差し指でズーム操作だってできるよ
指をひっかけるためと、落下時の保険として、カバー付きのスマホでやることをおすすめします。
指ツラくね? とか心配になるかもですが、HTC J バタフライくらいまでは「ハサミ持ち」でなんとかなります。ギャラクシーノートは...無理!

ホントいうと、こんなムチャな持ち方をしなくてもいいように、小ぶりなスマホがもっと増えてくれるといいんですけどねー

小ぶりスマホの例:
121225_xperiasx1.jpg

via  http://www.tabroid.jp/news/2012/12/column-sidepinch.html

2013年1月9日水曜日

iOS版Korg Kaosspad Quad! - LIVE FX登場



iOS版Korg Kaosspad Quad(非公式) - LIVE FXの登場です。
AUDIO BUS完全対応、本体無料。

アドオンでLIVE EFFECTOR機能をONにすることが可能。
AUDIO BUS対応のため、レコーディングアプリで出力をレコーディングすることが可能。



エフェクターは完全にKorg Kaosspad Quad準拠。
Looper , Rev Looper , Loop Slicer , Sample&Hold , Vinyl Break
Distort , Decimator , Duck Comp , Flanger , Phaser
Low Pass , High Pass , Band Pass , Jet , Pitch Shifter
One  dalay , Delay .Tape Echo , Reverb , Delay Reverb

二本指でタッチしてAB区間でLFOのようなモジュレーションをかけることもできる。
勿論、エフェクター設定を一時的にロックする機能も搭載済み。



iElectribeで少し遊んでみたが、1ループで遊んでるだけで一時間とか経っている。
これはAUDIO BUSのキラーアプリになるのではないだろうか?

正直、私はAUDIO BUSにそれほど期待をしていなかった。
理由は、KORGのアプリ(主にシンセ系)が重過ぎるといったことから、
再生同期が出来ないといったところで。

ただ、このエフェクターを噛ますというのは、想像以上に楽しい。
LIVE FXを触ってそのうち、AUDIO BUS本体も取り上げようと思うのだった。。。

実機買うんじゃなかったー!!!orz

>>LIVE FX


2013年1月5日土曜日

ウルトラワイドモニターについてちょっと語る

DELL社とLG電子社が昨年、29インチウルトラワイドモニタを発売した。
これについて、ちょっと語ろう。

はじまりは、トリプルディスプレイの一枚が故障したところから。

そこで、モニターを引き取ってもらうためLG電子のサイトを見た。

そのリリースページに写るウルトラワイドモニターを見て衝撃を受けた。





色々調べているうちに、上記LG電子、DELLからのリリースがあると知った。
また、DELLのディスプレイは値段にも衝撃を受けた。



デル デジタルハイエンドシリーズU2913WM29インチウルトラワイドモニタ
 優れた生産性向上機能を備えたワイドなディスプレイ

デル デジタルハイエンドシリーズU2913WMは、2,560 x 1,080のワイドフルHD解像度、豊富な接続オプション、そして生産性を向上させる最新機能を搭載しており、29インチの迫力ある映像をお楽しみいただけます。

  • 鮮明なパノラマ画面: ワイドフル HD(2,560 x 1,080)の解像度と21:9のアスペクト比によるワイドな29インチディスプレイは、マルチタスクに最適です。
  • 卓越した色彩精度: 工場出荷時に色補正済み。色差5未満、sRGB色空間カバー率99 %以上の優れた色合いをお楽しみいただけます。
  • 簡単な管理: DellTM  Display Managerを使用して、Smart Video EnhanceやEasy Arrangeなどの革新的なディスプレイ機能を管理できます。
  • 39,980円!


見る人を包み込むワイドスクリーン


一度に複数のアプリケーションを起動して、今までにないほどのスピードでマルチタスクを実行できます。 21:9のアスペクト比とワイドフルHD(2,560 x 1,080)の解像度によるワイドディスプレイは、一般的なモニタ2台分の表示スペースを提供します。もちろん、中央に目障りなベゼルはありません。 さらに、178 °/178 °(標準)の超広視野角で、ほぼあらゆる位置から美しい映像をお楽しみいただけます。

鮮やかな色彩を堪能


色差5未満、sRGB色空間カバー率99 %以上の、驚くほど正確な色彩を体験してください。幅広い色彩の変化をお楽しみいただけます。 さらに、U2913WMは工場出荷時に色補正済みであるため、細かい設定は不要で忠実な色彩を再現できます。

周辺機器を接続して快適な環境を実現


DisplayPort 1.2、USB 3.01、Mini DisplayPort、DVI、HDMIなどの多彩な接続機能と、角度調整や左右への回転、130 mmまでの高さ調整などの優れた調整機能、さらにはVESA規格対応のウォールマウントオプション(マウントキット別売)により、お好みに合わせた環境を実現できます。




Dell Display Managerを使用して効率的に作業


お使いのアプリケーションとの同期により、さらに高度な映像体験を実現できます。 Dell Display Managerでは、Easy ArrangeやAuto Modeなど、メディアごとに表示を最適化したり、モニタの表示面積を最大化するといった様々な機能を利用できます。


れまでになく優れたビデオ映像を実現


ビデオの設定を自動的に最適化できるSmart Video Enhance2機能により、色彩とシャープネスを最適化し、最高のプレゼンテーションを実現します。 Movieモードを選択すると推奨値に設定でき、Advancedモードを選択すると、コントラスト、シャープネス、彩度、色相を手動で任意の値に設定できます。


コストを抑え、環境に配慮した設計


電力使用量を自動的に抑えるPowerNap機能とDynamic Dimming機能により、優れたエネルギー効率を維持できます。 また、U2913WMはヒ素使用率0 %のガラス、水銀使用率0 %のLED、BFRとPVC不使用のラミネートを採用したシャーシなど、環境に配慮した設計となっています。 EPEAT® GoldおよびENERGY STAR®認定も取得し、梱包には環境に配慮した再利用可能な素材を使用しています。



「トリプルディスプレイは作業しやすかったのだが、最近、iPadばっか触ってて、PCの画面あんまり見ないし、

一枚にまとめちゃう?」

という思考になってきた。


また、現在使っているLG電子 - W2753Vについても不満があるため「操作のし辛さ・不具合など」。

現在のディスプレイを下取りに出して、買い換えようか。。。という考えになってきた。

因みに、私のマルチディスプレイ遍歴はこんな感じである。


シングル 25インチ


デュアル 25インチ + 27インチ

デュアル 27インチワイド二枚 + Dualhead2Go
トリプル 27インチワイド三枚 + Triplehead2Go

ここから、ウルトラワイドU2913WMになろうとしている。


ベゼルに不満があったんだよねー。

でもベゼルなしのマルチ環境って「お高いんでしょ?」

いいえ、39,980円です。


トリプル 27インチワイド三枚 + Triplehead2Go < この時点で数年前とはいえ総額20万越えしていたので、だいぶ安いです


ハードゲーマーの方や、映像鑑賞する方に良いのではないだろうか?

私は買ってしまうかもしれない。。。

>>デル デジタルハイエンドシリーズU2913WM29インチウルトラワイドモニタ


2013年1月2日水曜日

〔謹賀新年〕あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

おかげさまで、XZR本家は三年目に入りました。
また、去年からはじめたニュース兼Blog兼レビューサイトの裏サイト、
「XZR-BLACK BOX-」も無事二年目を迎えることが出来ました。
これも応援してくださる皆様のおかげです。

今年も、XZR本家では多くのリリースや多くのiOSアーティストの発掘、
BLACK BOXでは、出来る限りのガジェットのレビューやニュースなどを
お届けしたいと思っておりますので、ご声援のほどをよろしくお願い致します。